書評『歌舞伎に女優がいた時代』小谷野敦著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

歌舞伎に女優がいた時代 小谷野敦著

このエントリーをはてなブックマークに追加
栗下直也書評#話題の新刊

「伝統」でないものが「伝統」として広まることはよくある。「女優を使わないのが歌舞伎の伝統」もそのひとつであることが本書を読むとわかる。

 昭和初期までは歌舞伎に女性の役者がいることは珍しくなかった。明治時代に人気を誇った市川九女八は海外までその名をとどろかせた。九代目市川團十郎は男子が生まれなかったため、娘を歌舞伎座に立たせ、十代目を継がせようとさえした。

 歌舞伎の舞台に立った女役者が多く登場する。彼女たちの引退後の人生も細かく記しており、当時、女性が芸能の世界に足を踏み入れることがどのような意味を持ったかも浮かび上がらせている。

 現代の有名歌舞伎役者の系譜と結びつけた形で紹介されているため、歌舞伎に詳しくなくても読み進められる。地味ながらも労作だ。(栗下直也)

週刊朝日  2020年5月22日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい