書評『日本文化の核心「ジャパン・スタイル」を読み解く』松岡正剛著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《ベスト・レコメンド》

日本文化の核心「ジャパン・スタイル」を読み解く 松岡正剛著

このエントリーをはてなブックマークに追加
長薗安浩書評#ベスト・レコメンド

16のフィルター

<断言しますが、日本文化はハイコンテキストで、一見、わかりにくいと見える文脈や表現にこそ真骨頂があるのです>

 松岡正剛は『日本文化の核心』の巻頭にこう記し、わかりやすさばかりを求める風潮に釘をさした。

 本来は、自ら日本文化を代表する作品群と向きあって何かを感じ、自分なりに会得していくべきものだと。そう指摘した上で、松岡が用意した手がかりが、ジャパン・フィルターだった。

 具体的には、客神、米、神仏習合、仮名、家、かぶき、数寄、面影、まねび、経世済民など16のフィルターを通して、日本文化の深部にふれられるよう編まれている。

 たとえば、「小さきもの」フィルターでは、ポケモンとかぐや姫、さらには桃太郎や一寸法師が同類として扱われ、出雲神話のスクナヒコナとの共通点にも言及。その展開の面白さにときめきながら、「小さきもの」に大きな世界を見出してきた日本文化の特性を理解できるのだ。

 興味深いのは、「かぶき」フィルターでかぶき者とバサラ(婆娑羅)を扱った際、松岡が、コンプライアンスや監視カメラなどに縛られて<多くの現象や表現が衛生無害なものに向かってい>る日本の現状を憂えていた点だった。歌舞伎などの伝統芸能だけでなく、近現代の表現からも過剰なものが登場しなければ、21世紀のこの国の文化は活性化されないから。松岡は新たな荒魂を求めていた。

 新型コロナウイルスがいつ収束するかは不明だが、その後の日本を立て直していく時、この本はきっと、いくつものヒントを与えてくれるだろう。

週刊朝日  2020年5月22日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい