あやうく一生懸命生きるところだった

今週の名言奇言

2020/04/27 14:27

 このところ日本では韓国文学が好調だけど、この本は韓国の男性の自己啓発書っぽいエッセイだ。ハ・ワン=文&イラスト、岡崎暢子訳『あやうく一生懸命生きるところだった』。原著は2018年刊。韓国で25万部のベストセラーになったという本である。

あわせて読みたい

  • 必死に生きないと決めたらいろんなことが見えてきた! 韓国で話題のベストセラーエッセイ

    必死に生きないと決めたらいろんなことが見えてきた! 韓国で話題のベストセラーエッセイ

    BOOKSTAND

    4/16

    K-POP・韓流ドラマ人気の次は? 韓国文学ブーム「日本人も腑に落ちる」

    K-POP・韓流ドラマ人気の次は? 韓国文学ブーム「日本人も腑に落ちる」

    週刊朝日

    11/27

  • 石原慎太郎は7年前に脳梗塞発症でも生にすさまじい執念、対する曽野綾子は?

    石原慎太郎は7年前に脳梗塞発症でも生にすさまじい執念、対する曽野綾子は?

    週刊朝日

    8/18

    呪いの言葉の解きかた

    呪いの言葉の解きかた

    週刊朝日

    7/5

  • うちの父が運転をやめません

    うちの父が運転をやめません

    週刊朝日

    4/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す