書評『銭湯空間』今井健太郎著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

銭湯空間 今井健太郎著

このエントリーをはてなブックマークに追加
金田千里書評#話題の新刊

銭湯空間

今井 健太郎

space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 レトロな銭湯に愛を注ぎ、リノベーションを手がける建築家が、これまで改築した銭湯の写真を交えながら、それぞれのエピソードを紹介する。

 戦後の東京にさかんに建てられた銭湯も今は老朽化し、後継者もなく廃業に追い込まれることもしばしば。著者はそこに新たな息吹を与え、「デザイナーズ銭湯」として蘇らせる。町田市の「大蔵湯」、渋谷区の「改良湯」、新宿区西落合の「栄湯」。人気の湯には若い世代の客も多く訪れる。無名時代から銭湯を歩いて描きためた、理想の風呂のイメージ画も掲載し、その制作過程も明かす。江戸時代の戸棚風呂や石榴口、明治時代の改良風呂など銭湯の歴史も紹介している。

 銭湯のリノベーションは、消えゆく伝統文化継承の大事な手段。まずは近場の銭湯でひと風呂浴びて、じっくり読んでみたい。(金田千里)

週刊朝日  2020年4月24日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい