書評『新しい目の旅立ち』プラープダー・ユン著/福冨渉訳 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《ベスト・レコメンド》

新しい目の旅立ち プラープダー・ユン著/福冨渉訳

このエントリーをはてなブックマークに追加
永江朗書評#ベスト・レコメンド

新しい目の旅立ち (ゲンロン叢書)

プラープダー・ユン,福冨渉

978-4907188344
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

タイ人作家の記録

 魔術師のいる島に行く。というとまるでファンタジー小説のようだが、ノンフィクションである。

 フィリピンのシキホール島には魔術師がいる。呪文を使って人に危害を与えるのだという。プラープダー・ユンの『新しい目の旅立ち』は、この黒魔術の島を旅した記録である。

 著者のプロフィールと旅に出るまでの経緯が面白い。著者はタイに生まれ、アメリカで教育を受けた。タイに帰国してからは、作家、デザイナー、アーティスト、出版社経営者として活躍している。その彼が哲学に興味を持ち、日本財団の研究助成金を得て、フィリピンと日本のアニミズム的信仰について研究することになった。シキホール島への旅はその一環だ。

 といっても、この本は紀行文や文化人類学的フィールドワーク報告とはちょっと違う。哲学的エッセーというのが近いだろうか。著者が島に向かいながら考えるのはスピノザと汎神論についてであり、魔女から奇っ怪な施術を受けているとき頭を占めているのはソローの『ウォールデン』とユナボマー(アメリカのテロリスト)なのである。

 ここに旅の醍醐味があり、考えることの愉楽がある。目の前にあらわれた景色を見るのではなく、その景色を見ることで得られた「新しい目」で物事を考える。考えることそのものが楽しい。魔女の呪術が本物かどうかは、たいした問題ではない(著者は、魔女に擦りつけられた彼女の唾液から病気がうつるのではないかとしきりに心配しているが)。スマホで写真ばかり撮っていたのでは、「新しい目」は得られない。

週刊朝日  2020年3月13日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい