書評『バンクシー アート・テロリスト』毛利嘉孝著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

バンクシー アート・テロリスト 毛利嘉孝著

このエントリーをはてなブックマークに追加
平山瑞穂書評

 サザビーズのオークション会場で落札された瞬間、シュレッダーで作品が細断された事件などで一躍その名が知られるようになった正体不明のアーティスト、バンクシー。

 本書は、ブリストルのグラフィティ・ライターとして活動を開始したこの人物が、反戦などをめぐって次第に政治色を帯び、活動範囲を広げながらゲリラ的な大規模プロジェクトにまで身を乗り出していった軌跡を丁寧に辿っている。謎が多いとされる人物だが、判明していることも意外に多く、むしろ受け手こそが謎を謎のままにしておきたがっていることがわかる。

 オークション制度に対する反発と、それすら商業化してしまう資本主義とのイタチごっこに、アートとは何かという深遠な問いが内包されていることを窺わせるバンクシー入門書。(平山瑞穂)

週刊朝日  2020年1月31日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい