自画像のゆくえ

話題の新刊

2019/11/15 17:54

 非常に射程の長い論評だ。ヤン・ファン・エイクからアンディ・ウォーホルに至るまでの「自画像」を軸に、一貫してなにものかに扮するセルフポートレート制作を続けてきた美術家ならではの視点で、縦横無尽な考察を巡らせている。それは同時に、「肖像・ゴッホ」をはじめとする著者自身の作品に対する解題ともなっている。

あわせて読みたい

  • 「戦後教育で育った自分とは?」 美術家・森村泰昌からの「問い」を感じる展覧会

    「戦後教育で育った自分とは?」 美術家・森村泰昌からの「問い」を感じる展覧会

    AERA

    5/31

    「プーシキン美術館展」を写真で紹介! 作品も見せます

    「プーシキン美術館展」を写真で紹介! 作品も見せます

    6/3

  • 「食い下がろうとする姿勢が大事」 気鋭の美術家が提言する、コロナ後の社会の「在り方」

    「食い下がろうとする姿勢が大事」 気鋭の美術家が提言する、コロナ後の社会の「在り方」

    AERA

    5/31

    紫外線の社会史 見えざる光が照らす日本

    紫外線の社会史 見えざる光が照らす日本

    週刊朝日

    7/21

  • ゴッホの奇行と作風は梅毒のせい?それとも薬物中毒? 現代医師が診断
    筆者の顔写真

    早川智

    ゴッホの奇行と作風は梅毒のせい?それとも薬物中毒? 現代医師が診断

    dot.

    10/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す