書評『自画像のゆくえ』森村泰昌著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

自画像のゆくえ 森村泰昌著

このエントリーをはてなブックマークに追加
平山瑞穂書評#話題の新刊

 非常に射程の長い論評だ。ヤン・ファン・エイクからアンディ・ウォーホルに至るまでの「自画像」を軸に、一貫してなにものかに扮するセルフポートレート制作を続けてきた美術家ならではの視点で、縦横無尽な考察を巡らせている。それは同時に、「肖像・ゴッホ」をはじめとする著者自身の作品に対する解題ともなっている。

「自分とは何か」という真摯な問いかけの果てに生み出されていたはずの自画像が、時代の推移とともにいかに変容していったか。それが写真の時代、さらにはプリクラに端を発する「自撮り」文化が浸透した現代において持つ意味は?

 新書とは思えないボリュームだが、「自分が見られる」ということに意識的な美術家による、「わたしがたり」を含む美術論として、最後まで飽きさせない。(平山瑞穂)

週刊朝日  2019年11月22日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい