潜入中国 厳戒現場に迫った特派員の2000日

話題の新刊

2019/11/08 15:51

 著者は2007年から6年間、朝日新聞の特派員として中国に滞在し、幾多の機微情報を掴むことに成功した。しかしその後、大国としての確固たる地位を占めたこの国は、今やAIなどのテクノロジーを駆使した情報統制や監視の目を通じて、外国人記者の情報収集を容易に受けつけない鉄壁の守りを築き上げている。

あわせて読みたい

  • ブログで「助けて!」 ハニートラップを命じられた中国人女優が激白した驚きの手口とは?

    ブログで「助けて!」 ハニートラップを命じられた中国人女優が激白した驚きの手口とは?

    dot.

    10/21

    9月号朝日新聞国際報道部記者 峯村健司 Minemura Kenji中国ルポができた最後の特派員

    9月号朝日新聞国際報道部記者 峯村健司 Minemura Kenji中国ルポができた最後の特派員

    9/2

  • 香港デモ長期化の影に中国政府による分断工作が? 「圧力」の手口を朝日記者が明かす!

    香港デモ長期化の影に中国政府による分断工作が? 「圧力」の手口を朝日記者が明かす!

    dot.

    10/2

    拘束された日本人記者が告白! 長時間拘束で中国当局がどうしても知りたかったこと

    拘束された日本人記者が告白! 長時間拘束で中国当局がどうしても知りたかったこと

    dot.

    10/17

  • ドキュメント武漢 新型コロナウイルス 封鎖都市で何が起きていたか

    ドキュメント武漢 新型コロナウイルス 封鎖都市で何が起きていたか

    週刊朝日

    9/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す