書評『罪の轍』奥田英朗著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

罪の轍 奥田英朗著

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山 実書評#話題の新刊

罪の轍

奥田 英朗

978-4103003533
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 先の東京オリンピック前年の浅草を舞台にした犯罪小説。誘拐された児童の名前が「吉夫ちゃん」と聞けば、ピンとくる人も少なくないだろう。

 犯人を取り逃がし身代金まで奪われる警察の大失態。捜査は行き詰まり、生々しい脅迫電話の音声を公開する。昭和史に刻まれた事件を下敷きに、被疑者と刑事たちの時間を複眼で描いていく。「ソノシート」「プラッシー」など当時の空気を漂わせる物をジオラマのようにはめ込み、臨場感を膨らませている。

『最悪』で知られる著者ならではの重厚感は、「悪さっていうのは繋がってるんだ」と語る被疑者の生い立ちに発揮される。母の再婚相手によって幼い頃に「当たり屋」をさせられ、記憶障害から「莫迦」と軽んじられてきた。著者独自の設定は鳥肌が立つほどの現代感をもたらしている。(朝山 実)

週刊朝日  2019年11月1日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい