書評『毎日写真』鷹野隆大著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

毎日写真 鷹野隆大著

このエントリーをはてなブックマークに追加
平山瑞穂書評#話題の新刊

毎日写真

鷹野隆大

978-4904292884
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 セクシュアリティを追求する写真家が、日経新聞夕刊に連載したエッセイの単行本化。陰影が際立つ写真作品もふんだんに盛り込まれている。

 取り上げる主題は実にさまざまで、写真のみには留まらない。漱石の『こころ』や菅原文太主演の『トラック野郎』シリーズなどをモチーフに、男性同士の同性愛についての考察を巡らせたりもする。

 ただ、写真家だけにその視線は独特で、そぞろな街歩きを記録する中にも、視覚を刺激する鋭利な文章表現がちりばめられている。

 対象に対する意識が弱いときほど、現像後に目を引く写真が撮れるという指摘は興味深い。背後にあるのは、「自意識という近代の遠近法の先にあるものを何とか見てみたい」という著者の願いだ。その願いが投影された特異なテキスト群を堪能したい。(平山瑞穂)

週刊朝日  2019年10月25日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい