書評『ブレードランナー証言録』ハンプトン・ファンチャー、マイケル・グリーン、渡辺信一郎、ポール・M・サモン著 /大野和基編・訳 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

ブレードランナー証言録 ハンプトン・ファンチャー、マイケル・グリーン、渡辺信一郎、ポール・M・サモン著 /大野和基編・訳

このエントリーをはてなブックマークに追加
山口啓介書評#話題の新刊

ブレードランナー証言録 (インターナショナル新書)

ハンプトン・ファンチャー,マイケル・グリーン,渡辺 信一郎,ポール・M・サモン,大野 和基

978-4797680393
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 SF映画の概念を変えた「ブレードランナー」(1982年)とその続編「ブレードランナー2049」(2017年)に貢献した4人のキーパーソンへのインタビュー集。
 二つの映画に関わった脚本家2人とアニメーション監督、批評家が、それぞれ発想の秘密や制作現場の様子を語り、原作小説と映画とのつながりや、主人公は人間なのかレプリカント(人造人間)なのかなどについて答えていく。両作を比べて忌憚のない評価も下す。

 本書は二つの映画の込み入ったプロットを知る絶好の書でもある。映画とは、多くのスタッフとの共作による「集団創造芸術」だということがわかる。ハリウッドのような巨大娯楽産業の中で採算を度外視し、芸術世界でのみ許されるような表現の質への飽くなき追求が行われていたことにも驚く。(山口啓介)

週刊朝日  2019年9月20日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい