ぼくを忘れないで

話題の新刊

2019/09/06 18:41

 サイモンが死んだ。ぼくの兄が死んだのだ。心が麻痺すると涙は出なくなる。それは「ヘビの形と音を持った病気」なのだと19歳になった主人公のマシュー・ホームズは、自らの病状を説明する。これは彼の物語であり、成長の記録を描いた小説だ。

あわせて読みたい

  • 宅間守はなぜ自ら入院したのか?

    宅間守はなぜ自ら入院したのか?

    週刊朝日

    6/25

    雪と心臓

    雪と心臓

    週刊朝日

    5/15

  • あなたが消えた夜に

    あなたが消えた夜に

    週刊朝日

    6/11

    夜咄の灯あかり軒の雪あかり:俳句歳時記を楽しむ

    夜咄の灯あかり軒の雪あかり:俳句歳時記を楽しむ

    tenki.jp

    1/22

  • 紳士と淑女のコロシアム 「競技ダンス」へようこそ

    紳士と淑女のコロシアム 「競技ダンス」へようこそ

    週刊朝日

    4/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す