『掃除婦のための手引き書』

ベストセラー解読

2019/09/06 18:23

 この人が翻訳したのなら、つまらないはずがない。そう思わせる翻訳家がいる。たとえばアメリカ文学の岸本佐知子。ルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』は、岸本が作家に惚れ込み、出版を切望して実現した短編集。読んだ人の評価は高く、口コミで読者が広がっている。

あわせて読みたい

  • 「知ろうとしないことは罪深い」ジャーナリストが追う、父が遺した戦争の軌跡

    「知ろうとしないことは罪深い」ジャーナリストが追う、父が遺した戦争の軌跡

    AERA

    7/18

    九龍ジョー「チェーホフが描いた人々の毎日は、マヌケで、愛おしい」

    九龍ジョー「チェーホフが描いた人々の毎日は、マヌケで、愛おしい」

    AERA

    10/29

  • 追悼・田辺聖子さん「人生の喜びは、一人でも多く、話の合う人を獲得すること」

    追悼・田辺聖子さん「人生の喜びは、一人でも多く、話の合う人を獲得すること」

    AERA

    6/12

    「グレート・ギャツビー」を追え

    「グレート・ギャツビー」を追え

    週刊朝日

    11/19

  • シャンソンのレジェンドが来日 日本の震災に「語りすぎてはいけない」

    シャンソンのレジェンドが来日 日本の震災に「語りすぎてはいけない」

    AERA

    4/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す