書評『東京12チャンネル時代の国際プロレス』流 智美著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

東京12チャンネル時代の国際プロレス 流 智美著

このエントリーをはてなブックマークに追加
中島鉄郎書評#話題の新刊

 週に7時間も地上波でプロレス放送が流れていた時代があった。だが当時は一度見逃すともう一生見られない(と信じていた)。その切実さが、昭和のプロレス少年たちの記憶を色濃くしている。

 著者は会社員の傍ら、編集、翻訳などを手がけたプロレス執筆の第一人者。18歳から24歳までアルバイトで国際プロレスの事務所や試合に出入りし、同プロレスを「魂のふるさと」と呼ぶ。その「東京12チャンネル時代」(1974年から81年)に限定した内幕リポートを還暦を過ぎて書き上げた。

 団体の内情を記した「田中メモ」に基づき、放映権やギャラ、団体同士の暗闘などの裏事情を描き、国際プロレスが崩壊に至った理由に迫る。行間から愛と情熱が、そしてこれを書かずに死ねるかという気迫があふれる。

週刊朝日  2019年8月30日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい