心底惚れた

今週の名言奇言

2019/03/27 10:30

 平成の終わりを目前に、二つの時代を生きた人が次々と鬼籍に入る。樹木希林さんも内田裕也さんも。『心底惚れた』は1976年、まだ悠木千帆と名乗っていた時代の樹木希林(この芸名に改名したのは77年)が「婦人公論」誌上でホストを務めた対談集だ。当時彼女は33歳。73年に結婚するも、2年後に別居が判明。世間の耳目を集めている頃だった。

あわせて読みたい

  • 樹木希林さんは死後、なぜ「相田みつを」化してしまったのか?

    樹木希林さんは死後、なぜ「相田みつを」化してしまったのか?

    dot.

    4/24

    北原みのり「『樹木希林』が苦手だった」
    筆者の顔写真

    北原みのり

    北原みのり「『樹木希林』が苦手だった」

    週刊朝日

    12/1

  • デラックスじゃない

    デラックスじゃない

    週刊朝日

    7/17

    呪いの言葉の解きかた

    呪いの言葉の解きかた

    週刊朝日

    7/5

  • 樹木希林さんが常連だった食堂店主が明かす、モックンと也哉子を連れて来た思い出

    樹木希林さんが常連だった食堂店主が明かす、モックンと也哉子を連れて来た思い出

    週刊朝日

    9/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す