書評『ピアノ・レッスン』アリス・マンロー著/小竹由美子訳 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

ピアノ・レッスン アリス・マンロー著/小竹由美子訳

このエントリーをはてなブックマークに追加
後藤明日香書評#話題の新刊

ピアノ・レッスン (新潮クレスト・ブックス)

アリス マンロー,Alice Munro,小竹 由美子

978-4105901547
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 ノーベル賞作家のデビュー短篇集。今から50年前の1968年に刊行された。原題は「Dance of the Happy Shades」で、これはグルックの歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」中の一曲「精霊たちの踊り」を示している。

 この曲は表題作「ピアノ・レッスン」で重要な役割を果たす。美しく、しかし陰のある幸福をまとった静謐な音楽は、本書に通底するテーマそのものと合致するだろう。

 本書には、デビュー当時の15作品を収録している。実体験にもとづいて書かれた作品も多く、とくに母とその病は繰り返しモチーフとなっている。母の死を題材とした「ユトレヒト講和条約」では、どうにも言い表せない心情を丁寧に正確にすくいあげる。読後にただよう深い余韻に、後に「短篇の名手」と呼ばれるゆえんを感じた。(後藤明日香)

週刊朝日  2019年2月22日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい