八百長リーグ 戦時下最大の野球賭博事件

話題の新刊

2019/01/31 11:46

 戦時下のプロ野球界をのみ込んだ不祥事を明らかにしたノンフィクション。昭和11年、巨人軍、タイガースなど7チームによる職業野球リーグが発足、民衆の人気を得る。ところが選手たちには闇の手が迫っていた。昭和17年、八百長はリーグ全体へと広がる。

あわせて読みたい

  • 巨人激震! 福田聡志投手が野球賭博に関与か

    巨人激震! 福田聡志投手が野球賭博に関与か

    dot.

    10/5

    イチロー、新庄、アレックス、飯田、誠也…蜂の一刺し!“史上最強”の強肩外野手は…

    イチロー、新庄、アレックス、飯田、誠也…蜂の一刺し!“史上最強”の強肩外野手は…

    dot.

    7/16

  • 巨人・福田投手の野球賭博 球界大揺れ、ちらつく暴力団

    巨人・福田投手の野球賭博 球界大揺れ、ちらつく暴力団

    週刊朝日

    10/14

    なぜ「野球帽」ルール明記なしでも「全員着用」? 初代から現在まで170年の歴史を紐解く

    なぜ「野球帽」ルール明記なしでも「全員着用」? 初代から現在まで170年の歴史を紐解く

    AERA

    7/5

  • 野球賭博 高木が明かした「恐ろしい人」は「ギャンブル好きなそこらのアンちゃん」?

    野球賭博 高木が明かした「恐ろしい人」は「ギャンブル好きなそこらのアンちゃん」?

    AERA

    3/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す