書評『八百長リーグ 戦時下最大の野球賭博事件』山際康之著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

八百長リーグ 戦時下最大の野球賭博事件 山際康之著

このエントリーをはてなブックマークに追加
長谷部愛書評#話題の新刊

 戦時下のプロ野球界をのみ込んだ不祥事を明らかにしたノンフィクション。昭和11年、巨人軍、タイガースなど7チームによる職業野球リーグが発足、民衆の人気を得る。ところが選手たちには闇の手が迫っていた。昭和17年、八百長はリーグ全体へと広がる。

 賭け屋の巧みな誘惑、不正に手を染める選手や抗う選手、それを食い止めようとする連盟。巨人軍の沢村栄治やタイガースの景浦将なども登場する。どのようにして選手たちが不正に手を染めていったのかを、戦時中の貴重な資料や証言などを丁寧に積み重ね、浮かび上がらせる。時代とともに葬り去られようとする歴史の闇を後世に残す一冊だ。戦時下の時代背景についても丹念に描かれているため、時代の雰囲気を想像しながらプロ野球の黎明期を知ることができる。
(長谷部愛)

週刊朝日  2019年2月8日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい