日本プラモデル六〇年史

今週の名言奇言

2019/01/31 11:18

 昭和の少年たちにとって、プラモデルは何よりも身近な玩具だった。1958年、日本が石油化学工業を中心とした産業構造に転換する時期に、木製、陶製、紙製などのオモチャにとってかわる形で誕生した国産のプラスチックモデル。小林昇『日本プラモデル六〇年史』は、それから今日までの60年を俯瞰した興味深い一冊だ。

あわせて読みたい

  • GLAY・HISASH、春風亭昇太、東儀秀樹も プラモ好き芸能人の頂点はキャリア65年の石坂浩二

    GLAY・HISASH、春風亭昇太、東儀秀樹も プラモ好き芸能人の頂点はキャリア65年の石坂浩二

    週刊朝日

    6/4

    戦艦武蔵“新事実”も…タミヤ「プラモの作り直しは考えていない」

    戦艦武蔵“新事実”も…タミヤ「プラモの作り直しは考えていない」

    dot.

    3/19

  • “模型の祭典”が開幕 「ガルパン」「艦これ」に大注目!

    “模型の祭典”が開幕 「ガルパン」「艦これ」に大注目!

    dot.

    9/25

    宮崎駿「風立ちぬ」のモデルが残した手記「八月十五日」

    宮崎駿「風立ちぬ」のモデルが残した手記「八月十五日」

    週刊朝日

    7/29

  • 一目瞭然? 新旧ガンプラ36年間の進化とは

    一目瞭然? 新旧ガンプラ36年間の進化とは

    週刊朝日

    5/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す