優雅な読書が最高の復讐である

話題の新刊

2019/01/17 12:16

 国内外の現代文学から古典作品まで、「優雅」な読書について語ったコラムニストによる書評エッセイ集。海外の女子文化に造詣の深い著者らしく、ロマンスやエレガントさを大切にしつつ、聡明な語り口の文章が並ぶ。2004年に出版したブックガイドのあとに発表した文章が収録され、著者30代、40代の集大成となっている。

あわせて読みたい

  • 二日酔いのシャンパン、風呂であたためた燗酒 作家をめぐる酒の話

    二日酔いのシャンパン、風呂であたためた燗酒 作家をめぐる酒の話

    dot.

    5/18

    名画座通いで気になった昭和の流行作家・獅子文六

    名画座通いで気になった昭和の流行作家・獅子文六

    12/9

  • 路面電車はなぜ「ちんちん電車」と呼ばれたのか? イメージぴったりの87年前「東京市電」
    筆者の顔写真

    諸河久

    路面電車はなぜ「ちんちん電車」と呼ばれたのか? イメージぴったりの87年前「東京市電」

    AERA

    6/5

    読書の快楽を経験したことがない人は、恋愛の経験がないのと同じ?

    読書の快楽を経験したことがない人は、恋愛の経験がないのと同じ?

    dot.

    11/16

  • 妙に説得力のある武田真治の言葉 選挙に出たら当選するんじゃないか?
    筆者の顔写真

    矢部万紀子

    妙に説得力のある武田真治の言葉 選挙に出たら当選するんじゃないか?

    dot.

    6/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す