平成くん、さようなら

ベストセラー解読

2018/12/12 10:30

 1989年1月8日。平成がはじまったその日に生まれ、平成(ひとなり)と名づけられて育ち、東日本大震災後に単行本化した卒業論文で注目され、今では時代を象徴する文化人としてメディアで活躍する「平成くん」。彼は徹底した合理主義者で性行為も好まないのだが、それを承知で同棲している瀬戸愛に対し、2018年のある日突然、平成の終わりとともに安楽死をしたいと告げる。

あわせて読みたい

  • 小説家・古市憲寿の魅力は普段とのギャップにあり? 「今だからこそやさしい話を書きたい」

    小説家・古市憲寿の魅力は普段とのギャップにあり? 「今だからこそやさしい話を書きたい」

    AERA

    10/11

    9月号早稲田大学教授・演劇評論家 児玉竜一 Kodama Ryuichiいま、歌舞伎を小説に書くこと

    9月号早稲田大学教授・演劇評論家 児玉竜一 Kodama Ryuichiいま、歌舞伎を小説に書くこと

    9/3

  • 安楽死・尊厳死の現在 最終段階の医療と自己決定

    安楽死・尊厳死の現在 最終段階の医療と自己決定

    週刊朝日

    1/31

    ミッツ・マングローブ「平成よ、何をそんなに足早に……」
    筆者の顔写真

    ミッツ・マングローブ

    ミッツ・マングローブ「平成よ、何をそんなに足早に……」

    週刊朝日

    9/12

  • 『安楽死を遂げるまで』にはいずれ誰もが直面する問題が描かれている------アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(後編)

    『安楽死を遂げるまで』にはいずれ誰もが直面する問題が描かれている------アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(後編)

    BOOKSTAND

    4/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す