天国と、とてつもない暇

話題の新刊

2018/12/06 11:50

 第1詩集『グッドモーニング』で中原中也賞を受賞した著者の第6詩集。彼女の詩は、意味の連なりとしてとらえようとすると「わからない」。しかし、言葉を絵の具として絵画のようにとらえると、たちまち鮮やかな情景が目の前にひろがる。

あわせて読みたい

  • 死んでしまう系のぼくらに

    死んでしまう系のぼくらに

    週刊朝日

    9/18

    水際

    水際

    週刊朝日

    3/26

  • 「中原中也賞」詩人が読み解く「モヤモヤ」な気持ちとは?
    筆者の顔写真

    文月悠光

    「中原中也賞」詩人が読み解く「モヤモヤ」な気持ちとは?

    dot.

    10/8

    海の詩集

    海の詩集

    週刊朝日

    8/25

  • 秋空は黒馬の瞳の光? 「言葉なき歌」を捜し求めた詩人・中原中也の生涯

    秋空は黒馬の瞳の光? 「言葉なき歌」を捜し求めた詩人・中原中也の生涯

    tenki.jp

    10/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す