プラナカン

話題の新刊

2018/11/07 10:30

 マラッカ海峡を中心とした東南アジア各国に「プラナカン」と呼ばれる民がいる。明代の中国から渡航した華人と現地住民との子孫のことだ。彩り豊かな美術品や雑貨で知られ、政財界に影響力を持つ。新聞記者である著者が、謎の多い彼らの実像に迫った。

あわせて読みたい

  • 【旅を深めるミニ講座】究極の美を巡るシンガポール、プラナカンの旅 ~前編~

    【旅を深めるミニ講座】究極の美を巡るシンガポール、プラナカンの旅 ~前編~

    TRIPPING!

    8/29

    オーロラだけじゃない、フィンランドの魅力とは

    オーロラだけじゃない、フィンランドの魅力とは

    週刊朝日

    3/2

  • 「パラドックス定数」に小劇場の武器を再認識

    「パラドックス定数」に小劇場の武器を再認識

    11/19

    群馬県発の地方PR「絶メシ」がニューヨークでも絶賛された理由とは?

    群馬県発の地方PR「絶メシ」がニューヨークでも絶賛された理由とは?

    dot.

    6/10

  • 本田圭佑が挑むカンボジアサッカーの現実…平均月収はゼロ~6万円、平均観客300人のチームも【元川悦子】

    本田圭佑が挑むカンボジアサッカーの現実…平均月収はゼロ~6万円、平均観客300人のチームも【元川悦子】

    dot.

    9/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す