書評『影の日本史にせまる 西行から芭蕉へ』嵐山光三郎、磯田道史著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

影の日本史にせまる 西行から芭蕉へ 嵐山光三郎、磯田道史著

このエントリーをはてなブックマークに追加
生田はじめ書評#話題の新刊

影の日本史にせまる:西行から芭蕉へ

嵐山 光三郎,磯田 道史

978-4582837858
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

「影の日本史に迫りたい」と思ってきた歴史家と、「詩歌は諜報と深く結びついている」と考える作家の対談集。

 西行は鳥羽上皇直属のエリート武士で、かつ容姿端麗にして、弓術、馬術にすぐれ、和歌の心得があった。そんな「今でいうとサッカーの日本代表とジャニーズ系を兼ねた」人物がなぜ出家したか。磯田は「時代が暴力の日常化に向かっていくなかで、人に奉仕する、神仏に奉仕するほうに」魅力を感じるようになったからではという。

 連歌を普及させた宗祇は、後半生旅ばかりした。なにか伝言があれば連歌師が非公式に伝えた。それを受けて嵐山は「室町時代の公安調査官ですね」。さらに戦場に連れていかれる連歌師は、「戦争広告人」かつ「従軍記者」でもあったのだ。うんちくと想像が楽しく、頁をめくる手が止まらない。

週刊朝日  2018年10月19日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい