書評『文豪たちの友情』石井千湖著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

文豪たちの友情 石井千湖著

このエントリーをはてなブックマークに追加
三宅香帆書評

文豪たちの友情 (立東舎)

石井 千湖,鈴木 次郎,ミキワカコ

978-4845632145
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 昨今、文豪をキャラクターにした漫画が流行したことから、文豪たちの人となりに注目が集まっている。そんな中で出版されたのが、文豪たちの友情をめぐる逸話を収録した本書だ。書評家の著者が、全13組の文豪たちに新たな光を当てた。

 堀口大學と男色関係を疑われるほどに仲が良かった佐藤春夫。萩原朔太郎を「二魂一體」の親友と詩に書いた室生犀星は、近所に住んでいた芥川龍之介とも親しくなった。金田一京助と花瓶の桜の花を部屋いっぱいに撒き散らし、子どものように遊んだ石川啄木。ややこしくて美しい関係の数々が描かれる。

 遠い過去の偉人たちを著者が現代に引き寄せる。互いに影響を与え合いながらすぐれた作品を生み出してきた文豪たちの、生きる姿勢を垣間見られる一冊だ。

週刊朝日  2018年9月28日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい