生物学はいかに創られたか

話題の新刊

2018/09/05 13:13

 理系オンチだとタイトルだけで怯えるが、門外漢も引き込む生命科学の入門書となっている。アリストテレスにはじまり、コッホ、ダーウィン、メンデル、現代のバイオ研究までの歴史がコンパクトに語られる。今日うまいワインやビールが飲めるのはパスツールのおかげだし、17世紀のオランダの呉服商レーベンフックの功績もあり、小中学生は顕微鏡で微生物を観察できる。

あわせて読みたい

  • 芦田愛菜が「将来の夢」と語った「病理医」の仕事とは?

    芦田愛菜が「将来の夢」と語った「病理医」の仕事とは?

    dot.

    4/20

    麹菌の研究など独自教育で成果 大学実績を伸ばす公立中高一貫校

    麹菌の研究など独自教育で成果 大学実績を伸ばす公立中高一貫校

    AERA

    7/15

  • 精密立体 ペーパーバイオロジー

    精密立体 ペーパーバイオロジー

    11/28

    ステーキ味のトマト、輝く街頭樹も…進化するDNA研究の最前線

    ステーキ味のトマト、輝く街頭樹も…進化するDNA研究の最前線

    AERA

    7/29

  • マイクロプラスチック、日本の海は世界平均の27倍…人体に影響ないのか?

    マイクロプラスチック、日本の海は世界平均の27倍…人体に影響ないのか?

    週刊朝日

    6/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す