書評『骨を弔う』宇佐美まこと著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《ベストセラー解読 (週刊朝日)》

骨を弔う 宇佐美まこと著

このエントリーをはてなブックマークに追加
永江 朗書評#ベストセラー解読

骨を弔う

宇佐美 まこと

978-4093864985
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

幼なじみを訪ねる旅

 宇佐美まこと『骨を弔う』はいま話題のミステリーである。手がけたのは、片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』や西加奈子『サラバ!』を世に送り出した編集者、石川和男。帯に「ここまで掴まれ、揺さぶられ、圧倒される小説は『サラバ!』以来です」という石川のことばがある。読まずにいられるか。

 一気に読むと、期待を裏切らない面白さである。ぐいぐい引き込まれる。

 小学5年生の男女5人が、学校の理科室から盗み出した骨格標本を山に埋めた。30年後、標本が見つかる。ただし、埋めた山からは遠く離れた川岸で。あのとき埋めたのは標本ではなく本物の人骨だったのではないか。だとしたら、それは誰の骨なのか。疑問を胸に、いまは中年となったかつての少年が幼なじみたちをたずね歩く。

 ものごとには表面からだけではわからないことがたくさんある。また、30年の間にはいろんなことがある。幼なじみを訪ねる旅は、30年前には見えなかったもうひとつの現実に出会う旅でもある。

 たとえば県議会議員の妻となった女は、はたから見れば成功者。しかし実際は姑のイジメや夫のDV&浮気、さらには夫の後援会からの細かな圧力で崩壊寸前だ。あるいは、料理人となって東北で幸せな家庭を築いた男は、震災で家族を失い、絶望のあまり立ち上がることもできないでいる。

 5人の30年間を追いながら、物語は少しずつ骨格標本の謎に迫っていく。30年前、四国の小さな町で何が起きていたのか。子どもたちに見えないところで何がおこなわれていたのか。秋の夜長におすすめの傑作である。

週刊朝日  2018年9月7日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい