骨を弔う

ベストセラー解読

2018/08/29 10:30

 宇佐美まこと『骨を弔う』はいま話題のミステリーである。手がけたのは、片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』や西加奈子『サラバ!』を世に送り出した編集者、石川和男。帯に「ここまで掴まれ、揺さぶられ、圧倒される小説は『サラバ!』以来です」という石川のことばがある。読まずにいられるか。

あわせて読みたい

  • オープン3カ月半で来館者数4万人超え! 高知のむろと廃校水族館の魅力

    オープン3カ月半で来館者数4万人超え! 高知のむろと廃校水族館の魅力

    dot.

    8/14

    7月26日、北大の博物館が新装オープン!! 広さ1.4倍。開学以来の“お宝”が400万点!!

    7月26日、北大の博物館が新装オープン!! 広さ1.4倍。開学以来の“お宝”が400万点!!

    tenki.jp

    7/26

  • 「大哺乳類展2に潜入! 大注目のマッコウクジラ展示の緻密すぎるこだわり

    「大哺乳類展2に潜入! 大注目のマッコウクジラ展示の緻密すぎるこだわり

    週刊朝日

    4/5

    全国にある“ヘンテコな弔い” 長野・善光寺にある可哀想な郵便物を弔う「迷子郵便供養塔」

    全国にある“ヘンテコな弔い” 長野・善光寺にある可哀想な郵便物を弔う「迷子郵便供養塔」

    dot.

    11/6

  • 恐竜博で注目の「むかわ竜」と、鈴木少年が発見した「フタバスズキリュウ」の意外な共通点
    筆者の顔写真

    福岡伸一

    恐竜博で注目の「むかわ竜」と、鈴木少年が発見した「フタバスズキリュウ」の意外な共通点

    AERA

    8/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す