かがみの孤城

ベストセラー解読

2018/08/22 17:18

 安西こころは中学校に入学してほどなくいじめを受け、不登校となる。そんなある日、自分の部屋の姿見が突然輝き、中に引きずり込まれると、そこは、狼の面をつけた少女が仕切る城の中。こころを含め中学生らしき男女7人が集められ、来年3月までに城の奥にある「願いの部屋」に入る鍵を探すよう求められる。毎日9時から17時までなら自宅と城の往来は自由。だが、1人でも17時過ぎまで滞在した場合は、その日に城へ来た者全員が狼に食べられる。そして誰かが願いをかなえたら、城での記憶は消失する──

あわせて読みたい

  • 【「本屋大賞2018」候補作紹介】『かがみの孤城』――大人の心にも響く優しいファンタジー

    【「本屋大賞2018」候補作紹介】『かがみの孤城』――大人の心にも響く優しいファンタジー

    BOOKSTAND

    3/20

    【本屋大賞2018】辻村深月さん『かがみの孤城』に決定!

    【本屋大賞2018】辻村深月さん『かがみの孤城』に決定!

    BOOKSTAND

    4/10

  • 辻村深月が描く“現代婚活” 結婚したくてもできない理由って?

    辻村深月が描く“現代婚活” 結婚したくてもできない理由って?

    週刊朝日

    3/29

    滝本竜彦さんの『NHKにようこそ!』は、自分に「刺さりまくった」一冊------アノヒトの読書遍歴:コヤマヒデカズさん(後編)

    滝本竜彦さんの『NHKにようこそ!』は、自分に「刺さりまくった」一冊------アノヒトの読書遍歴:コヤマヒデカズさん(後編)

    BOOKSTAND

    9/26

  • 結婚して幸せな女性作家はいいものが書けない? 辻村深月「最初は怖かった」

    結婚して幸せな女性作家はいいものが書けない? 辻村深月「最初は怖かった」

    週刊朝日

    7/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す