宿命 警察庁長官狙撃事件 捜査第一課元刑事の23年

話題の新刊

2018/05/30 11:15

 1995年に起きた警察庁長官狙撃事件。オウム真理教の犯行との見方が支配的だったものの、容疑者を特定できずに時効を迎えた。元刑事が捜査の内幕を明らかにしたのが本書だが、多くの人は驚愕するだろう。

あわせて読みたい

  • 「国松長官刺殺事件」はオウム信徒が逮捕されるも時効成立

    「国松長官刺殺事件」はオウム信徒が逮捕されるも時効成立

    週刊朝日

    7/6

    平田信被告のオウム裁判 未解決事件の闇、解明されるか

    平田信被告のオウム裁判 未解決事件の闇、解明されるか

    週刊朝日

    1/23

  • 元警視庁捜査一課理事官が明かすオウム秘話「愛人知らなかった麻原妻と土谷死刑囚が落ちた瞬間」

    元警視庁捜査一課理事官が明かすオウム秘話「愛人知らなかった麻原妻と土谷死刑囚が落ちた瞬間」

    週刊朝日

    7/13

    井上死刑囚から勧誘された医師が明かす「オウム真理教事件は受験エリートの末路」

    井上死刑囚から勧誘された医師が明かす「オウム真理教事件は受験エリートの末路」

    週刊朝日

    7/11

  • オウム死刑囚6人も執行 「喋らない林、死にたいと漏らした端本」被害者、脱洗脳カウンセラーらが語る真実

    オウム死刑囚6人も執行 「喋らない林、死にたいと漏らした端本」被害者、脱洗脳カウンセラーらが語る真実

    週刊朝日

    7/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す