極夜行

話題の新刊

2018/03/28 10:42

 地球上には太陽光が何カ月も届かない「極夜」というものがあるという。著者はそのまっくら闇を約4カ月間ひとり+犬1匹で探検し、現代人が忘れつつある、闇や太陽への原初の感覚を体験しようと試みる。探検家であり、数々の文学賞を受賞したノンフィクション作家でもある著者による、渾身の探検記録だ。

あわせて読みたい

  • 極夜行前

    極夜行前

    週刊朝日

    6/21

    探検家・角幡唯介 GPSなどを持たずに極地への冒険に赴く 本能と感覚で得た経験を伝える

    探検家・角幡唯介 GPSなどを持たずに極地への冒険に赴く 本能と感覚で得た経験を伝える

    AERA

    11/29

  • 編集部が選んだ本 冒険編

    編集部が選んだ本 冒険編

    8/7

    探検家・角幡唯介が旅を台無しにされた1冊 「面白すぎて雪男捜索がおざなりに」

    探検家・角幡唯介が旅を台無しにされた1冊 「面白すぎて雪男捜索がおざなりに」

    週刊朝日

    8/17

  • 黒船も飲みこまれかけた? 東北の大津波

    黒船も飲みこまれかけた? 東北の大津波

    週刊朝日

    3/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す