日本人と象徴天皇

話題の新刊

2018/03/22 12:14

 来年4月30日で、平成の時代の幕が下りることが決まった。終戦直後に制定された新憲法のもと、それまで「国家元首」「大元帥」「現人神」であった天皇は「象徴天皇」という新しい存在としてスタートした。それから昭和、平成と2代にわたる象徴天皇は、いかに生きてきたのか。本書は2本のNHKスペシャルをもとに、新たな資料や証言を加えて書き下ろされた。

あわせて読みたい

  • 昭和天皇は戦争を後悔していた? 初代宮内庁長官の記録でみる当時の生々しい会話

    昭和天皇は戦争を後悔していた? 初代宮内庁長官の記録でみる当時の生々しい会話

    AERA

    8/30

    田原総一朗「皇室消滅の回避は急務 今、女系天皇否定の根拠はない」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「皇室消滅の回避は急務 今、女系天皇否定の根拠はない」

    週刊朝日

    10/23

  • 「令和皇室」と「女帝論」 御厨貴×石川健治が徹底討論

    「令和皇室」と「女帝論」 御厨貴×石川健治が徹底討論

    週刊朝日

    10/28

    「美智子さまご出産」の驚くべき舞台裏 “目崎メモ”が明らかにした知られざる歴史とは?

    「美智子さまご出産」の驚くべき舞台裏 “目崎メモ”が明らかにした知られざる歴史とは?

    dot.

    10/22

  • 昭和天皇がマッカーサーにぶつけた本音

    昭和天皇がマッカーサーにぶつけた本音

    週刊朝日

    5/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す