書評『「国境なき医師団」を見に行く』いとうせいこう著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《》

「国境なき医師団」を見に行く いとうせいこう著

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山 実書評

 2016年から17年にかけて、「国境なき医師団」が活動するギリシャの難民キャンプやフィリピンのスラム地区など4カ所を訪れた小説家による現場ルポだ。

 10年の大震災から6年後のハイチ編では、宿舎の部屋の鍵に難渋。近寄ってきた青年につい指図口調になる。物腰の低さから管理人だと思いこんでいたが、実は親切な医師だった。そうした勘違いなど自身の恥をさらしながら、前線を担う団員たちの活動実態を報告。性暴力被害者専門のクリニックも訪ね、心理ケアの現場も取材する。

 ルポが詳細なればこそ印象に残るのは、1カ月前に南スーダンを脱出してきた老人とのやりとり。ウガンダの難民キャンプに風呂がなく、あなたの宿に連れていってくれないかと乞われ、できないと下を向いてしまう記述だ。

週刊朝日  2018年3月9日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい