書評『21世紀の楕円幻想論』平川克美著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

21世紀の楕円幻想論 平川克美著

このエントリーをはてなブックマークに追加
栗下直也書評#話題の新刊

21世紀の楕円幻想論

平川克美著

978-4909394026
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 成功を収めながらも、全財産を失い、右肺の3分の1も失った著者。自らの体験に文化人類学や歴史学の知見を取り込みながら展開する贈与論は新鮮だ。

「カネが全て」とは誰もが思っていないが、カネがないと生きていけないのも21世紀の現実だ。我々はカネを追い求めることを考え続けなければいけないのか。

 著者は「これしかない」という思考の硬直性こそ危険だと指摘し、「楕円」に生きようぜと投げかける。等価交換か相互扶助かなど単純な二元論ではなく、自分の中に単一ではない二つの焦点を持つことで他者に感情移入でき、関係性も変わる。評論家の花田清輝の「楕円幻想」の有効性を説く。

 現代日本は貧富の格差が広がりながらも、自己責任など極端な議論がはびこる。本書が処方箋になるかもしれない。

週刊朝日  2018年3月9日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい