寂しい生活

話題の新刊

2017/10/26 10:30

 アフロヘアで知られる元朝日新聞記者が、自身の「使わない生活」を綴ったエッセイだ。東日本大震災をきっかけに「個人的脱原発計画」に挑戦し始めた著者。家中のプラグをすべて抜き、現代の暮らしに不可欠と考えられるテレビ、冷暖房、掃除機……といったモノたちを次々に手放してゆく。

あわせて読みたい

  • モノが散らかる原因は「『戻す』のがめんどくさいから」 予約が取れない家政婦が教える、片づけしやすいしくみ作り

    モノが散らかる原因は「『戻す』のがめんどくさいから」 予約が取れない家政婦が教える、片づけしやすいしくみ作り

    BOOKSTAND

    2/1

    稲垣えみ子「我々は『あれが欲しいこれが欲しい』と言ってる場合じゃない」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「我々は『あれが欲しいこれが欲しい』と言ってる場合じゃない」

    AERA

    1/28

  • 片づけは“祭り”だ!? こんまり流を実践する5つのステップ

    片づけは“祭り”だ!? こんまり流を実践する5つのステップ

    週刊朝日

    4/16

    稲垣えみ子「冷蔵庫を手放して広がった『おいしいの定義』」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「冷蔵庫を手放して広がった『おいしいの定義』」

    AERA

    5/28

  • 実は身体に悪い? 「朝の果物は金」は大ウソだった

    実は身体に悪い? 「朝の果物は金」は大ウソだった

    BOOKSTAND

    3/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す