虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の奇跡

話題の新刊

2017/09/20 15:48

 社員の7割が知的障がい者である川崎市内のチョーク製造会社「日本理化学工業」の、福祉への取り組みと経営姿勢に迫ったノンフィクション作品。3年半にわたる取材をもとに“日本でいちばん大切にしたい会社”と呼ばれる理由や、障がい者雇用の理想と現実、苦悩と葛藤を描く。

あわせて読みたい

  • 誤解からバカにされ、失望され… 障がい者雇用の厳しい現実

    誤解からバカにされ、失望され… 障がい者雇用の厳しい現実

    dot.

    9/28

    パラアスリート採用も追い風 東京五輪きっかけに障がい者スポーツに熱視線

    パラアスリート採用も追い風 東京五輪きっかけに障がい者スポーツに熱視線

    AERA

    4/2

  • 松本隆×つんく♂の初タッグ、クミコ with 風街レビュー『砂時計』が4/19リリース決定

    松本隆×つんく♂の初タッグ、クミコ with 風街レビュー『砂時計』が4/19リリース決定

    Billboard JAPAN

    3/23

    「特例子会社」制度で障害者雇用 民間企業にもメリット

    「特例子会社」制度で障害者雇用 民間企業にもメリット

    AERA

    10/26

  • 元外相・田中真紀子さんのお宝は「父の言葉刻む時計」

    元外相・田中真紀子さんのお宝は「父の言葉刻む時計」

    AERA

    9/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す