白川静入門 真・狂・遊

話題の新刊

2017/03/10 15:26

 漢字の体系的な成り立ちを解き明かし、古代人の生活をよみがえらせた白川静。その学問の特徴を、教えを受けた通信社記者がまとめた。

あわせて読みたい

  • 「浮」の漢字のルーツは溺れた子どもだった! ちょっと怖い?漢字の成り立ち

    「浮」の漢字のルーツは溺れた子どもだった! ちょっと怖い?漢字の成り立ち

    dot.

    7/23

    漢字の「正しい書き順」実は存在しない 知らないと恥ずかしい意外な漢字うんちく

    漢字の「正しい書き順」実は存在しない 知らないと恥ずかしい意外な漢字うんちく

    dot.

    8/3

  • 「光」の漢字の成り立ちは頭上で火が燃え盛るエライ人!

    「光」の漢字の成り立ちは頭上で火が燃え盛るエライ人!

    dot.

    8/17

    漢字の「数」のルーツは「女性の髪を棒でたたいて崩す」だった!

    漢字の「数」のルーツは「女性の髪を棒でたたいて崩す」だった!

    dot.

    8/5

  • 10億人以上の人たちが使う漢字。ところで、最古の漢字ってどんなもの?

    10億人以上の人たちが使う漢字。ところで、最古の漢字ってどんなもの?

    tenki.jp

    6/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す