文学としてのドラゴンクエスト

今週の名言奇言

2017/01/25 13:22

「ドラゴンクエスト」略して「ドラクエ」。と聞いた途端、頭の中でパーパ・パンパンパンパン・パンパーン……という音楽が鳴りだす。シリーズIからIIIまでは私もハマったな。30年も前の話だが、ドラクエはその後も進化し、2016年までに10作を数える。

あわせて読みたい

  • みみずくは黄昏に飛びたつ

    みみずくは黄昏に飛びたつ

    週刊朝日

    5/25

    『ドラクエ』シリーズ9作品「I~IX」の名曲を演奏する年末オーケストラコンサート開催決定

    『ドラクエ』シリーズ9作品「I~IX」の名曲を演奏する年末オーケストラコンサート開催決定

    Billboard JAPAN

    8/28

  • 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由

    「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由

    週刊朝日

    6/8

    アメリカ文学を知れば、村上春樹作品が違って見えてくる?

    アメリカ文学を知れば、村上春樹作品が違って見えてくる?

    BOOKSTAND

    8/12

  • コンプレックス文化論

    コンプレックス文化論

    週刊朝日

    8/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す