書評『感情化する社会』大塚英志著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

感情化する社会 大塚英志著

このエントリーをはてなブックマークに追加
若林良書評#話題の新刊

感情化する社会

大塚英志著

978-4778315368
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 著者は過度な「感情化」こそが、現代日本の大きな特色だと語る。自分たちに心地よい感情を提供することばしか求められず、感情に対して理性を発揮することばが葬られていると。批評家である著者はそうした現状への抵抗として、あえて「不快」なことばで現代日本を切り取っていく。

 天皇の生前退位、スクールカースト、LINEなど様々な日本の構成要素に目が向けられる。その中で複合的な解釈の余地が失われている現状が語られ、例えば小説の場合、「情報」としての実用性や即効性のみが求められ、「描写」が後景化していると指摘する。

 人工知能が小説を書き始めている現在、本質的な「人間」の文学はすでになく、いずれは「感情」さえも消滅することになるかもしれない。「人間」のあり方に新たな示唆を与える一冊だ。

週刊朝日 2016年12月23日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい