地上の星

話題の新刊

2016/11/17 11:31

 戦国時代に小豪族五人衆のゆるやかな支配が続いていた天草だが、キリスト教が急速に広まり、豊臣秀吉の天下統一の波に呑みこまれていく。迎えた「天正天草合戦」(1589)では加藤清正と一騎打ちに向かう武将木山弾正、妻で天草一の美貌といわれたお京の方らが奮戦する。「武」の歴史だけでなく、布教のため、日本語とポルトガル語の辞書『日葡字書』作りに命をかける人々も登場する。少女時代から苦難が多かった「おせん」もその一人で、
「雨に濡れて、露恐ろしからず」
 という言葉を支えに生き続ける。徳川幕府が誕生した1603年に字書は完成、老いたおせんが入信する場面は美しい。
 松本清張賞を受けたデビュー作『マルガリータ』同様、宗教よりも生き方を問う作品となった。

週刊朝日 2016年11月25日号

地上の星

村木嵐著

amazon
地上の星

あわせて読みたい

  • “人事の天才”天武天皇が断行した驚愕の一大リストラとは

    “人事の天才”天武天皇が断行した驚愕の一大リストラとは

    dot.

    10/19

    司馬遼太郎賞に葉室麟さん 史実にフィクション重ね…

    司馬遼太郎賞に葉室麟さん 史実にフィクション重ね…

    週刊朝日

    12/8

  • 都内にもある阿蘇神社、清正公ゆかりの地と「地震除け」祈願
    筆者の顔写真

    鈴子

    都内にもある阿蘇神社、清正公ゆかりの地と「地震除け」祈願

    dot.

    4/22

    【最強忍者ベスト10】 “鬼の半蔵”を追うのは、北条家への義理を果たしたあの忍者

    【最強忍者ベスト10】 “鬼の半蔵”を追うのは、北条家への義理を果たしたあの忍者

    週刊朝日

    1/4

  • 高額おせち商戦が過熱! ブルガリ40万円、懐石小室30万円…「超高級おせち」の驚きの中身

    高額おせち商戦が過熱! ブルガリ40万円、懐石小室30万円…「超高級おせち」の驚きの中身

    dot.

    11/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す