少年少女のための文学全集があったころ

話題の新刊

2016/09/22 11:00

 新聞記者だった歌人が、幼少期の読書体験に基づいてさまざまな文学作品を読み解くエッセイ集。
 小学生のころ、メロンを食べるとルナールの『にんじん』を思い出した著者。母親に「お前の分はないよ」と冷たくされる少年の物語から食べ物にまつわる話はふくらむ。そして『不思議の国のアリス』の主人公の「アリス」という名前が、「愛ちゃん」「綾子さん」などに置きかえられた旧訳や、新訳でよみがえった『百まいのドレス』には、半世紀前の「~~わよ」「~~かしら」といった語尾が減ったことに触れる。
 1950年代から60年代にかけては子ども向けの文学全集の黄金期で、国や地域別に編まれ、世界の広さと多様性を伝えた。子ども時代の大切な思いや記憶を読書感想文に書かせる是非など、本を慈しむ気持ちが滲む。

週刊朝日 2016年9月30日号

少年少女のための文学全集があったころ

松村由利子著

amazon
少年少女のための文学全集があったころ

あわせて読みたい

  • かつて「二世作家」と言われた作家・池澤夏樹、声優・池澤春菜との父娘書籍出版も「書くことは自分で這い上がるしかない」

    かつて「二世作家」と言われた作家・池澤夏樹、声優・池澤春菜との父娘書籍出版も「書くことは自分で這い上がるしかない」

    AERA

    7/26

    アノヒトの読書遍歴  樋口毅宏さん(前編)

    アノヒトの読書遍歴 樋口毅宏さん(前編)

    BOOKSTAND

    10/25

  • 外国文学は小学生から読んでいたが、最も影響を受けたのは安部公房の『箱男』 ------アノヒトの読書遍歴:鴻巣友季子さん(前編)

    外国文学は小学生から読んでいたが、最も影響を受けたのは安部公房の『箱男』 ------アノヒトの読書遍歴:鴻巣友季子さん(前編)

    BOOKSTAND

    5/24

    夏休みの宿題「読書感想文」を好きになる方法

    夏休みの宿題「読書感想文」を好きになる方法

    tenki.jp

    8/20

  • 九龍ジョー「怪しい読書会」がきっかけで知った本と本との“リンク”

    九龍ジョー「怪しい読書会」がきっかけで知った本と本との“リンク”

    AERA

    10/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す