セクシュアル・マイノリティQ&A

話題の新刊

2016/09/08 11:12

 体は「男」でも自己認識は「女」、同性の人を好きになる、など「性的少数者」の人生において発生する問題と対処策に関して、法律家を中心に編まれたQ&A集。
「修学旅行の就寝のとき、別室に移るように学校から言われた」「友人にゲイであることをばらすと脅されている」など個別具体的なケースを想定、それに沿った対処策が示される。本人がオープンにしない性的指向のばらしは「アウティング」と呼ばれプライバシー権の侵害になる──など、最近よく聞く用語の背景が解説される。
 Q&Aの合間や巻末には当事者コラム、電話を中心とした相談機関一覧、性的少数者に関する本やサイト情報など、多角的な情報が網羅される。少数者への攻撃が止まない2016年現在、性の問題に関して最前線を行く「実践書」だ。

週刊朝日 2016年9月16日号

セクシュアル・マイノリティQ&A

LGBT支援法律家ネットワーク出版プロジェクト編

amazon
セクシュアル・マイノリティQ&A

あわせて読みたい

  • 推薦型選抜で東大へ 渋渋の女子高生「性的少数者」人権問題研究で合格

    推薦型選抜で東大へ 渋渋の女子高生「性的少数者」人権問題研究で合格

    週刊朝日

    3/17

    「性的少数者」の素顔映した映画 「普通」とは何か

    「性的少数者」の素顔映した映画 「普通」とは何か

    AERA

    1/31

  • 40歳でレズビアンを「カミングアウト」した女性の“当事者”としての覚悟

    40歳でレズビアンを「カミングアウト」した女性の“当事者”としての覚悟

    AERA

    7/29

    小島慶子「『新潮45』問題、気になるのは『関心なく眺めている人たち』の姿」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「『新潮45』問題、気になるのは『関心なく眺めている人たち』の姿」

    AERA

    10/6

  • なぜ学校には「制服」があるのか? 制服の歴史を振り返る

    なぜ学校には「制服」があるのか? 制服の歴史を振り返る

    AERA

    5/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す