書評『監察医が泣いた死体の再鑑定 2度は殺させない』上野正彦著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

監察医が泣いた死体の再鑑定 2度は殺させない 上野正彦著

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル書評#話題の新刊

 ベストセラー『死体は語る』の著者が書き下ろした、死体の再鑑定にまつわる九つのエピソード。
 警察で一度検死された後、監察医である著者の元に舞い込む再鑑定の依頼。再鑑定が依頼されるのは、その死に漂う違和感があるから。
 再鑑定を行い、死体が「語る」検死の矛盾をつく。再鑑定により、自殺とされた検死結果が覆ることもある。〈語弊があるかもしれないが〉と前置きをしながら、再鑑定はドラマチックだと、著者はいう。エピソードで語られる、著者が実際に経験した再鑑定結果は、時に胸をうち、時にホッと安堵する(死そのものは悲しいことだが)。そのカタルシスは、どこか短編探偵小説集を読んでいるようでもある。
 サブタイトルの「2度は殺させない」に込められた強い思いが、響く。

週刊朝日 2016年6月3日号


トップにもどる 書評記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい