書評『羊と鋼の森』宮下奈都著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

羊と鋼の森 宮下奈都著

このエントリーをはてなブックマークに追加
相原透書評#話題の新刊

羊と鋼の森

宮下奈都著

978-4163902944
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 2004年のデビュー以来、着実に良質な世界を生み出し続けている宮下奈都の新作は、若い調律師が主人公の長編小説だ。
 高校生の外村は、些細なきっかけで、体育館にあるピアノを調律にきた板鳥宗一郎と出会う。彼の神聖ともいえる調律の仕事に魅せられ、外村は調律師の道を歩む決意をする。専門学校を卒業後、板鳥が勤める楽器店に就職し、調律師としての新人時代が始まる。
 外村はよく悩み、考える。仕事について、ピアノについて、良い音とは? それを見守る板鳥をはじめ、先輩たちの眼差しが時に厳しく、時に優しい。やがて外村は才能を超えた、大切で確かな資質を自覚し調律師として成長していく。
 ここ数年、これほど洗練された文体、ひたむきな想いを感じた小説はない。人は時として、多忙を言い訳に心を失くす。そんな時、この本を取り出し、噛みしめるように、1行ずつゆっくりと読んでいきたい。そして忘れていた言葉や気持ちを確かめたい。そんなことを思わせる小説である。

週刊朝日 2016年2月5日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい