書評『被差別のグルメ』上原善広著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

被差別のグルメ 上原善広著

このエントリーをはてなブックマークに追加
江田晃一書評#話題の新刊

被差別のグルメ

上原善広著

978-4106106408
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 地域と食は密接な関係にある。被差別部落を取材してきた著者が差別を可視化できる食に着目したのは自然の流れだろう。
 被差別部落の食文化には現代では広く受け入れられているものも少なくない。例えば、牛の腸を脂であげた「アブラカス」は「かすうどん」の具として普及、関西を中心にかすうどん専門のチェーン店も登場している。焼き肉も在日朝鮮人が持ち込んだ説が根強いが、牛の幅広い部位が食べられるようになったのは屠牛に携わった被差別民の知恵が生かされているという。
 一方、存亡の危機に直面する食文化も多い。沖縄の離島でかつて食べられたイラブー料理やソテツ料理は現地でもほとんどお目にかかれない。食糧事情の改善もあるが、ソテツ食文化が失われつつある状況には、差別を恐れる心理が見え隠れする。
 著者は料理とは精神性が大きいと説く。焼き肉に、差別される者同士が憎しみ合いながらも、助け合う痕跡が透けて見えるように。本書を読むことで、食の見方は大きく変わる。

週刊朝日 2015年11月27日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい