書評『ギャンブル依存症』田中紀子著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《文庫・新書イチオシ(週刊朝日)》

ギャンブル依存症 田中紀子著

このエントリーをはてなブックマークに追加
トミヤマユキコ書評#文庫・新書イチオシ

ギャンブル依存症

田中紀子著

978-4040820408
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

ギャンブル依存症は立派な病気

 人生経験のつもりでパチンコ店に入り、いきなり7万勝ったことがある。ビギナーズラックだ。でも、その後は勝ったり負けたり、というか負けてばかり。「金がなくなるばかりだ! つまらん!」と感じて止めてしまったが、あのままパチンコ依存症になっていたかも知れないと思ったりもする。もう少し軍資金があったら……もう少し家と店とが近かったら……。
 著者によれば、日本は約20人に1人がギャンブル依存症だという。そしてこの数字は「諸外国とくらべても驚くほど高い数値」である。ドレスコードがある大人の社交場が海外のカジノだとすれば、サンダル履きで行けるのが日本のギャンブル場。私服に着替えてしまえば、未成年の学生でも潜り込める。しかも、競馬などの公営競技では、親子連れでも楽しめる工夫がなされていたりもする。実は最もギャンブルにアクセスしやすい国、それが日本なのである。
 問題なのは、依存症患者へのケアが不十分であること。ギャンブル好きが勝手に堕落していったと考えられ、身内の恥として隠蔽されてしまうが、それでは何も解決しない。「実際のところ、ドーパミンの過活動が大きな原因のひとつになっています。そのように本人の意志だけではなんともできない病気だという認識を持つことが大切です」とあるように、これは立派な病気なのである。アルコール依存症とは違い、身体的には健康であり、ギャンブルをしている時以外は有能な社会人だったりするが、だからといってそのままにしておくと、人を殺してしまったり会社の金を横領したりといった犯罪が高確率で起こる。恐ろしいことだ。
 著者は「祖父、父、夫がギャンブラー」であり、自身もギャンブル依存症になった過去を持つ。だからだろうか、高い専門性を保ちながらも、語り口はあくまで柔らかく親しみやすい。ギャンブル依存症について知るための、とても良い一冊だと思う。

週刊朝日 2015年11月6日号


トップにもどる 書評記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい