書評『はたらかないで、たらふく食べたい』栗原康著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

はたらかないで、たらふく食べたい 栗原康著

このエントリーをはてなブックマークに追加
内山菜生子書評#話題の新刊

 アナキズムを研究する政治学者が現代社会を斬る。著者は大学で非常勤講師をする30代半ばの非正規労働者。年収は80万円。実家に住み、両親の年金に頼って暮らす。
 普通の思想書とは一線を画し、思索の出発点はいつも個人的な経験だ。とくに恋人との婚約破棄を扱った章は面白い。初めは互いを思い合うだけでよかったのに、結婚を前にしたら著者の生活が問題になってしまった。大正時代の婦人解放運動家・伊藤野枝の思想をもとに、どんな恋愛も「結婚を想定しているかぎりにおいて、たがいの生きかたを夫や妻の役割に切り縮めざるをえない」と指摘。相手のためが、自分の利益のために変わる矛盾を突く。
 市民社会は、働かずに消費もしないことを悪だと思わせてくるが、すでに非正規やニートは市民社会から追放されているとも説く。「そろそろ、消費の美徳とむすびついた労働倫理に終止符をうつときだ」との訴えには共感できる。著者の生き方は「甲斐性なし」と言われてしまいそうだが、考えに血が通っており、ぶれない姿勢に肩入れしてしまう。

週刊朝日 2015年8月7日号


トップにもどる 書評記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい