書評『亡き王女のためのパヴァーヌ』パク・ミンギュ著/吉原育子訳 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

亡き王女のためのパヴァーヌ パク・ミンギュ著/吉原育子訳

このエントリーをはてなブックマークに追加
すんみ書評#話題の新刊

亡き王女のためのパヴァーヌ

パク・ミンギュ著/吉原育子訳

space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 第1回日本翻訳大賞の受賞作『カステラ』の著者による初めての恋愛小説。冷蔵庫に「人格」を認め、人がタヌキになってしまうなど、「韓国文壇の異端児」としての存在感を強く印象付けた『カステラ』とは打って変わって、本書では正統な愛の物語が展開される。
 80年代半ばの韓国を舞台に、恋に落ちた男女の初デート、誤解、別れ、再会からのハッピーエンディングまで、きらきらと輝く青春ラブストーリーが描かれる。しかし、普通の恋愛小説とは大きく異なる点がある。ヒロインが「ブス」なのだ。すれ違った人に笑い転げられるほどの醜さ。デート後の彼氏に「恥ずかしくなかったですか?」と気を使うほどの醜さ。最も輝いている瞬間のはずが、「彼女」の場合は闇だけがどんどん深まっていく。「僕」はそんな彼女をありのまま受け入れる。「人間は失敗作か成功作かという以前に、ただ『作品』としてだけでも価値があるのではないか」と。

週刊朝日 2015年7月10日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい