亡き王女のためのパヴァーヌ

話題の新刊

2015/07/02 15:40

 第1回日本翻訳大賞の受賞作『カステラ』の著者による初めての恋愛小説。冷蔵庫に「人格」を認め、人がタヌキになってしまうなど、「韓国文壇の異端児」としての存在感を強く印象付けた『カステラ』とは打って変わって、本書では正統な愛の物語が展開される。
 80年代半ばの韓国を舞台に、恋に落ちた男女の初デート、誤解、別れ、再会からのハッピーエンディングまで、きらきらと輝く青春ラブストーリーが描かれる。しかし、普通の恋愛小説とは大きく異なる点がある。ヒロインが「ブス」なのだ。すれ違った人に笑い転げられるほどの醜さ。デート後の彼氏に「恥ずかしくなかったですか?」と気を使うほどの醜さ。最も輝いている瞬間のはずが、「彼女」の場合は闇だけがどんどん深まっていく。「僕」はそんな彼女をありのまま受け入れる。「人間は失敗作か成功作かという以前に、ただ『作品』としてだけでも価値があるのではないか」と。

週刊朝日 2015年7月10日号

亡き王女のためのパヴァーヌ

パク・ミンギュ著/吉原育子訳

amazon
亡き王女のためのパヴァーヌ

あわせて読みたい

  • 韓国の競争社会に日韓関係…韓国人作家が「野球」を通して伝えたいこと

    韓国の競争社会に日韓関係…韓国人作家が「野球」を通して伝えたいこと

    AERA

    12/25

    話題作の翻訳家が教える入門編ブックガイド 韓国文学に見出す「日本の未来」とは?

    話題作の翻訳家が教える入門編ブックガイド 韓国文学に見出す「日本の未来」とは?

    AERA

    2/4

  • ケツメイシが書き下ろし! 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)× 新木優子『僕らのごはんは明日で待ってる』主題歌MV公開

    ケツメイシが書き下ろし! 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)× 新木優子『僕らのごはんは明日で待ってる』主題歌MV公開

    Billboard JAPAN

    10/21

    シーソーメイル 100通のラブストーリー

    シーソーメイル 100通のラブストーリー

    週刊朝日

    9/24

  • 原田知世アルバム『恋愛小説』発売記念ツアー・ファイナル公演レポートが到着、ブルーノート東京での追加公演も発表

    原田知世アルバム『恋愛小説』発売記念ツアー・ファイナル公演レポートが到着、ブルーノート東京での追加公演も発表

    Billboard JAPAN

    6/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す