酔ひもせず 其角と一蝶

話題の新刊

2015/06/25 16:34

 2007年に時代小説家としてデビューした田牧大和氏の新刊は、江戸を舞台に俳諧師・其角と絵師・朝湖(後の英一蝶)の2人組が、吉原の闇を暴くミステリーだ。松尾芭蕉の弟子で、一門の要と言われながら、どこか居場所がない疎外感を拭い切れない其角は、豪放磊落な性分で、頭でなく心で思案し、理屈ではなく情で動く、江戸で一番の粋人で絵師の朝湖とやけに気が合った。
「屏風の犬が動いた」と言い残して、次々と姿を消していった遊女たちを救うため、奔走する其角と朝湖。田牧氏の得意とする、粋で、リズムのある会話により、物語はぐんぐん進んでいく。
 謎解きの中に、いくつもの“情”が交わり、深い余韻を残す。哀しくも美しい文章には、笑いも涙もある。
 唯一無二の親友でありながら、なれあいにならず、気持ちのいい緊張感がみなぎる2人の言葉と行動が、清々しく描かれている。読後、自分も親友とサシで呑みたくなる、そんな気持ちになる小説だ。

週刊朝日 2015年7月3日号

酔ひもせず 其角と一蝶

田牧大和著

amazon
酔ひもせず 其角と一蝶

あわせて読みたい

  • 幻の巨大仏画「涅槃図」が170年ぶりに英国から里帰り 見どころは?

    幻の巨大仏画「涅槃図」が170年ぶりに英国から里帰り 見どころは?

    週刊朝日

    9/4

    「義士祭」は冬の季語ではない?赤穂浪士たちと俳句

    「義士祭」は冬の季語ではない?赤穂浪士たちと俳句

    tenki.jp

    12/14

  • 正月あそび

    正月あそび

    12/26

    やくしまるえつこ、江戸時代の天才絵師に迫る特番で語り

    やくしまるえつこ、江戸時代の天才絵師に迫る特番で語り

    Billboard JAPAN

    11/30

  • ふなっしーやAKBも? タイムスリップした浮世絵師が見た平成の流行

    ふなっしーやAKBも? タイムスリップした浮世絵師が見た平成の流行

    BOOKSTAND

    10/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す