書評『本で床は抜けるのか』西牟田靖著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

本で床は抜けるのか 西牟田靖著

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山実書評#話題の新刊

本で床は抜けるのか

西牟田靖著

978-4860112677
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 増殖する本に窮した著者が、同じ悩みを抱える人たちに話を聞いていくノンフィクションだ。
 本書の主題は“本との格闘”の一点に絞られる。しかし、本棚のない家も珍しくはない時代に、「床が抜け落ちる」不安に悩まされながらも本を手放せないでいる様は、当人が100%マジメなだけに同情以上に滑稽味が漂う。
 井上ひさしの先妻には、故人のエッセイにある「床抜け」の真偽を確認。がん発病を機に貴重な資料もごっそり処分した内澤旬子、蔵書の電子化を決行した武田徹、電子化を請け負う「自炊」代行業者たちを訪ねる。圧巻は、作家・草森紳一が遺した3万冊の蔵書を散逸させまいと奔走する人たちの話だ。本の山が崩れて風呂場に閉じ込められた逸話が有名な草森だけに、レスキュー劇を読むようだ。
 取材の発端は、著者も本の扱いに悩まされていたからだ。当初はホンワカとしているが、生活空間を圧迫する蔵書に耐えかねた妻から、ついに別れ話が切り出される。部屋で一人、かつて娘に読み聞かせた絵本を処分するラストは寂寥としている。

週刊朝日 2015年5月29日号


トップにもどる 書評記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい