無人島、不食130日

話題の新刊

2014/12/04 15:07

「飽食の時代」と叫ばれたのも今は昔。最近は「節食」が健康には欠かせないと耳にするようになったが、本書が提唱するのはその先を行く「不食」だ。
 これまでも「人は食べなくても生きられる」を訴えてきた著者が、沖縄県の内離島で130日間に及ぶ無人島生活を決行。裸で日々を過ごし、木に登り、漂流物を漁る。時には、貝や魚を獲り、生で食す。賞味期限の幻想から解き放たれているため、「腐食」も気にかけない。「不食と言いながら食べているではないか」と指摘はあるだろうが、一日当たりの平均摂取量は小魚半分程度に過ぎない。むしろ著者の無人島生活の狙いは完全なる「不食」の徹底ではなく、「食べなくてはならない」と急かされ続ける現代社会への懐疑にある。その意識は食にとどまらず、働き方やお金の意義、幸福論にまで及ぶ。
「現代の幸福論」は古代から幾度となく議論されてきており、目新しさはない。だが、著者の場合、無人島での不食という強烈な実践体験があるからか、極論ではあるものの不思議と惹きつけられる。

週刊朝日 2014年12月12日号

無人島、不食130日

山田鷹夫著

amazon
無人島、不食130日

あわせて読みたい

  • 第4回 料理をつくって食べて、科学も学べる『ケミ太郎とベジ子の台所サイエンス』

    第4回 料理をつくって食べて、科学も学べる『ケミ太郎とベジ子の台所サイエンス』

    1/31

    「プロテイン+豆乳+甘酒」でファスティング 腹持ち良し、脂肪だけ落とせるメリットも

    「プロテイン+豆乳+甘酒」でファスティング 腹持ち良し、脂肪だけ落とせるメリットも

    AERA

    4/23

  • 過酷な体験が自信を生む! いまこそ肉食社員になろう

    過酷な体験が自信を生む! いまこそ肉食社員になろう

    AERA

    4/7

    若者のフルーツ離れ 「面倒」「汚れる」に現れた救世主とは?

    若者のフルーツ離れ 「面倒」「汚れる」に現れた救世主とは?

    週刊朝日

    6/27

  • 私語禁止の「黙食」で給食が苦痛に…教員も悩む「食育はそれでいいの?」

    私語禁止の「黙食」で給食が苦痛に…教員も悩む「食育はそれでいいの?」

    AERA

    3/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す