書評『「無」の科学』ジェレミー・ウェッブ編/水谷淳訳 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

「無」の科学 ジェレミー・ウェッブ編/水谷淳訳

このエントリーをはてなブックマークに追加
谷本束書評#話題の新刊

「無」の科学

ジェレミー・ウェッブ著/水谷淳訳

978-4797377019
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

「無」とか「ゼロ」とかいうとなんだかネガティブなイメージだが、この世のいろいろな「なんにもない」には科学の謎を解き明かすスゴイことが隠されているらしい。ビッグバン以前の“虚無”からナマケモノがまるで動かない理由まで、「無」にまつわる科学の最前線を各分野の第一線の研究者たちがつづる。
 プラセボ効果とは、効能ゼロの偽薬でも患者が効くと信じることで症状が緩和したりすること。ところが逆に、すでに効果が認められている薬を患者に何も告げずにこっそり投与すると、驚いたことに全然効かないという。薬の効果とは、実は「効く」と期待することで患者の脳に生じる生化学的反応と薬の作用の双方が絡み合った結果なのでは、と述べている。
 数とは何か、数の定義についての項が面白い。なんと0を示す「空集合φ」ただ一つを使って、整数や分数、複素数から量子論の最新の数学的概念まで、簡潔かつ美しく定義してしまうのだ。つまり数学のすべては「無」に基づいているという驚くべき結論を導く。
 変哲もない日常の根底にこんな想像を超える異世界があるとは。驚。

週刊朝日 2014年10月17日号


トップにもどる 書評記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい